サービスアパート

サービスアパートとは、月額固定のレントで、必要な家具や設備、インターネットやケーブルテレビの接続、ガス、お掃除やリネン交換などのサービス、住宅に不具合があった場合のメンテナンスサポート(電気工事士や配管工事士が必要に応じてお宅に伺います)などが含まれているアパートのことです。NRMインターナショナルは、デリー/グルガオンエリアにおいて、プライバシーが確保された'ホーム'の快適さと、ホテルに滞在しているかのような便利なサポートサービスとを兼ね備えた住宅をお探しの企業さま、個人の方に、弊社独自のサービスアパートを提供しています。滞在期間は6ヶ月から3ヵ年でのアレンジが可能です。

お読み

NRM の強み

2,3年の任期でインドに赴任する大半の駐在員にとって、家具のない物件は魅力的ではありません。たいていの方が、離任するときに家具を売ったり、処分したりする手間がかからない家具付きのお宅を好みます。とはいえ、問題はインドでは家主によって家具を備えた物件はけっして一般的ではなく、かりに家具付きの物件があったとしても、日本人であるお客さまのお好みにはマッチしないことが多いのが現状です。つまり、駐在生活において、良質の家具や設備が備わった住宅が必要不可欠といえるでしょう。
インターネットの接続や、ガスや電気の申し込み、支払い…日常生活の細事をコントロールすることは、日本にいればさしたる手間ではありません。ところが、インドに滞在する駐在員、ご家族にとって、それらはまさにストレスと頭痛のタネとなります。
さらに、いろいろな意味で開発途上であるインドでは、毎日たいへんな土ぼこりや汚れがお宅に入り込んできます。この環境のなかでは、クリーナーのサポートを得ることなしに、お宅の清潔を保つのはかなり困難なことです。
さらには、インドの不動産物件はあれこれの不具合がおこることが多くあります。もちろん、建物の質は向上しつつありますが、相対的にしっかりとした建物であれ、やはりメンテナンス上の問題がついてまいります。それゆえ、専門の電気工事士や配管工事士がつねに「スタンバイ」しているサービスプロバイダーがそのお宅を管理しているかどうかは、ご入居者のクオリティ・オブ・ライフに直接影響を及ぼす大変重要な点です。

当社のクライアントは何と言う

私が思うに、打てば響くレスポンス、そして、献身と柔軟性、この三つの言葉はNRMという企業をよく表す言葉だ。私のインドライフは、役所の登録、銀行、電話業者との山のような問題とともに始まった。しかし、この企業だけは、他の多くの組織よりもずっと高いレベルで、翔び続けている。

SStaffan Jonsson / エリクソン


お読み